ヤフオク、メルカリなどの相場を調べお得に落札する方法

オークション入札イメージ画像

ヤフオクやメルカリは便利です。中古品などをお得な価格で購入することが可能です。

でも中には高値で売ろうとしている人もいるので注意。ひどい人になるとさくらを利用して価格の釣り上げや煽り行為などをする場合もあります。

やはりヤフオクやメルカリなどをお得に利用しようと思ったら予算はしっかりと決めて購入する必要があります。

特に過去の落札相場などを知っていたら間違いがないでしょう。

今回はヤフオクやメルカリなどの過去の相場情報を調べる方法などをまとめます。

Check!
半額は当たり前!?他のお店のクーポン情報も要チェックですよ!

クーポンまとめ

クーポンサイトランキング

ヤフオクやメルカリなどの上手な利用方法

ヤフオクやメルカリ、アマゾンなどではお金儲けでやっている人も多いです。

そこには買い手と売り手の駆け引きが存在します。

あまりにも「安い価格で買いたい」という気持ちが強いと失敗することも多いので注意してください。

 

市場価格をチェック

まず最初にして欲しいことが市場チェックです。オークファンという1500万人が利用しているサービスを使えばだいたいの相場が分かるのでまずはここでチェックしておきましょう。

オークファン

相場よりも高いものは購入する必要が無いのは当然ですが安すぎる場合も何か問題があるかもしれないので注意。安い場合には商品の情報などをしっかりとチェックすることをおすすめします。

 

落札予算を決める

オークションはつい熱くなりがちです。熱くなりすぎて思わぬ価格で入札してしまうことも。それこそ売り手側の思うつぼです。

中にはさくらを使って価格を釣り上げている入札者もいるので先の相場情報などから落札予算をしっかりと決めて入札するようにしてください。

オークションは入札で勝つことが目的ではありません(勝ったら嬉しいけどね)。やはり安くお得に購入することが目的なので予算はしっかりと決めてから入札するようにしてください。

これが最後のチャンスと思うかもしれませんが先の相場情報を調べればたくさんの商品が出品されていることも分かります。あくまでも主導権は自分にあると考えてください。

 

商品の情報をチェック

チケットやクーポンならば、一番にチェックして欲しいのが有効期限などの情報になります。当然のことながら有効期限が短いものは価格が安くなる傾向にありますが使えなかったら大損です。

自分の利用頻度と有効期限を比べて購入する数量なども調整しましょう。例えば週に1回しか行かないお店のクーポンや優待券で期限が2週間だったら使えるのは2回程度。3枚以上で販売している場合はちょっと考えたほうがいいかも。

たくさんのクーポンを購入することで自分が行くお店の選択肢を狭くしてしまうのもちょっと残念であまりお得とは思えません。

(中には有効期限がないものもありますがやはり価格は高めになります)

あとそれ以外の商品であれば新品、中古などの分類もしっかりとチェックした方がいいでしょう。

 

新品、中古などの分類について

ヤフオクなどで出品されている商品には新品、中古という分類がありますが出品者はそれ以外にも様々な情報を提供してくれることが多いのでチェックしておくといいでしょう。

よく見られる分類は以下の通り。上にいくほど状態が良いと考えてください。

  • 新品(未開封、未使用)
  • 新古品(旧型)・・・幅広く使われるのでもう少し下の場合もあり
  • 展示品(多少使われいるが付属品など一式あり)
  • 中古品(付属品あり)
  • 中古品(付属品、説明書なし)
  • ジャンク品

ここで注意したいのは中古品やジャンク品という分類。中古品は写真などの情報を良くチェックしてください。また、付属品が無ければ使えないような商品であれば意味がないので付属品の有無もチェックした方がいいでしょう。

またそのお店が作ったオリジナルの説明書を添付している場合もあります。メーカーの説明書と違うわけなのでいざという時に使えない可能性もあります。

ジャンク品は基本的に壊れているので補償なしという商品になります。後から何かあっても保証の対象外になるので注意してください。厳密にはいろいろな使い方がありますが部品取りに使ったり分解したりして遊ぶ人用だと思ってください。素人は手を出さないほうがいいでしょう。

また、お店によっては中古A(良い)、中古B(普通)、中古C(使用感あり)みたいに分けている場合もあります。その辺りは、それぞれの商品を落札した落札者の評価などもチェックした方がいいです。

 

出品者の評価もチェック

ヤフオクやメルカリ、アマゾンなどでは出品者の評価をチェックできます。先の分類はどうしても主観的な判断になるのでおかしい判断になっている可能性もあります。

出品者の評価をチェックして例えば「新古品のはずなのに使用感がある」みたいな悪い評価を受けている出品者からは購入しないなどの自衛をした方がいいかもしれません。

例えば以下の出品者は10人に1人ぐらいは悪い評価(雨マーク)を受けています。ちょっと悪い評価が多いですね。悪い評価は多くても5%以下ぐらいの出品者から購入したほうがいいかと思います。

v

悪いの評価については雨マークのところをクリックするとその内容が見えるので内容もチェックしておくといいでしょう。

もちろん良い評価もチェックしておくといいでしょう。晴れマークをクリックすれば確認できます。

あと、評価がない人(新規出品)や評価数が少ない人については特に慎重になったほうがいいです。個人的には見送ったほうがいいと思います。

特にクーポンやチケットなどの購入は新規出品者や評価が少ない人からの購入は危険。詐欺だったら大変です。

 

商品の検索方法(ヤフー)

商品の検索方法も覚えておくといいでしょう。

 

商品名よりも分類で検索した方がいい

商品の検索はおおまかな分類で検索した方がたくさんヒットします。

具体的な商品名だとヒットしない場合もあるので(出品者が商品名を詳しく知らない場合など)、最初はなるべく枠を広げて抽象的なワードで検索した方がいいでしょう。

 

入札数順に並び替え

人気の出品者から購入したい場合は入札数検索がおすすめです(ただし出品者の評価もチェックしてくださいね)。

商品を検索するとたくさんヒットする場合がありますが入札数の順番に並べれば人気が分かります。

ヤフオクであれば右上に「入札」という項目があるのでそれをクリックすると入札数の順番に並びます。

オークションなど入札

 

クリックすると以下の通り、入札数順に並びます。

オークションなど入札数2

 

価格順に並び替え

入札の2つ左にある「現在価格」をクリックすると現在の価格の順番に並びます。

なるべく安く購入したいと思ったらこの「現在価格」をクリックして安い商品に入札するといいでしょう。

 

残り時間順に並び替え

入札の右隣にある「残り時間」の項目をクリックすると残り時間の順番に並べることも可能。1回クリックで時間が短い順番、2回クリックで逆に残り時間が長い順番に並び替えとなります。

とにかく早く落札したいという場合は残り時間の短い順番に並べ替えるといいでしょう。

 

 

即決価格順番に並べ替え

また、入札の左隣にある即決価格をクリックすると即決価格の順番で並べ替えることも可能です。即決価格というのは文字通りすぐに購入できる価格です。その即決価格が安ければそのまま購入するといいでしょう。時間の節約にもなります。

ただし、先にも書いたように商品状態や出品者の評価もチェックした方がいいです。

お得だと思っても何か思い違いがあったら大変です。使えない商品を落札したら大変。

 

偽物、コピー、粗悪品に注意

個人的には公式サイトの写真を使っている出品者は避けたほうがいいと思っています。本来は出品する商品を写真に撮るべきなのにそれをしないというのは何かおかしい可能性があります。

お店などの出品者の中には中古なのに同じ写真の使い回しをしているところもありますが、同様に避けたほうがいいと思います。

大量の中古商品をさばくお店にありがちなのですが商品による当たりハズレの差が大きくなる傾向があります。

あと海外から発送する商品は個人的には辞めたほうがいいと思います。コピー品(偽物)である可能性が高まります。

 

送料や手数料にも注意

基本的に落札された後は現金を振込などして支払い、商品が送られてくるという流れになります。

すなわち送料や振込手数料などが必要になります。

送料と振込手数料を考えたら損だったという笑えない話もあります。

出品者の中には梱包手数料などとわけの分からない名目でお金を取るところもあるので商品情報や評価情報はやはりしっかりとチェックすべきです。

トータルの金額で考えて落札してください。

 

ヤフオク、メルカリなどの相場を調べお得に落札する方法まとめ

  • ヤフオク、メルカリ、アマゾンは安く買えることも多く便利
  • ただし出品者情報、評価はしっかりとチェック
  • 自分に向いている方法で落札
  • 送料や手数料もしっかりとチェック

今回はヤフオク、メルカリ、アマゾンなどでお得に落札する方法などをまとめました。上手に使えば便利なツールなのでうまく使ってくださいね。

Check!
他にもたくさんのお店のクーポンやお得情報があるよ!しっかりとチェックしてお得に利用してね!

クーポンまとめnet

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です